処方箋が不要なコンタクトレンズの特徴
2017.07.26

コンタクトを入れる女性処方箋なしでコンタクトレンズを購入できるってご存知でしたか?近年、コンタクトレンズの通販が大盛況で、処方なしでもコンタクトレンズを購入することができるようになっています。コンタクトレンズの通販は人気が高い製品の取り扱いもあり、また、全体的に製品価格が安く設定されています。それでは、処方が不要なコンタクトレンズとはどのような製品なのが、ご紹介して行きましょう。
コンタクトレンズの通販では、ほぼすべての種類のコンタクトレンズを購入することができます。たとえば、度つきのコンタクトレンズを通販で購入するとしましょう。この場合では、左右の度が異なったり、左右で近視、乱視、遠視と目の状態が異なったとしても、購入することが可能です。唯一異なる点を挙げるとすれば、ありとあらゆる種類のカラーコンタクトレンズを購入することができるという点でしょうか。コンタクトレンズの通販は人気が高くて安いカラーコンタクトレンズの取り扱いがあり、このような種類のカラーコンタクトレンズは、眼科や眼科と提携している調剤薬局などではほとんど販売されていません。
それでは次に、コンタクトレンズの通販では、なぜ処方なしでコンタクトレンズを購入することができるのか、その理由について考えてみることにしましょう。実は、コンタクトレンズにはもともと処方箋がありません。以前では、コンタクトレンズの購入といえば、眼科で検査と診察を受け、眼科内の薬局や、眼科と提携している調剤薬局かコンタクトレンズ販売店で購入というイメージが強かったのではないでしょうか。ですが、このようなときにも、実は処方箋は存在しておらず、「コンタクトレンズ装用指示書」がその役割を果たしていました。で、「コンタクトレンズ装用指示書」とは、いったい何なのでしょうか?その内容は、ほぼ処方箋と同様であるという認識で良いでしょう。つまり、度数やベースカーブなどの情報や、実際に装用するコンタクトレンズの使用方法や使用方法が詳しく記載されている用紙であるということですね。
このように、私たちの身近に存在し、お手軽に購入することができるコンタクトレンズではありますが、コンタクトレンズの通販の安全性を高めるためには、定期的な健診を受ける必要があります。それは、目の状態はいつまでも同じ状態ではなく、経年によってさまざまな変化が起こる可能性があるからです。コンタクトレンズを通販で購入するのであれば、面倒でも数カ月に1回程度は健診を受け、目の状態を確認しておくことを心がけましょう。

▲ ページトップへ